EyeEm

とっておきの1枚を味のある写真に変えてシェアしたら賞がもらえるかも?!

EyeEm -カメラ、フォトフィルター&写真コミュニティは撮った写真にフィルターやフレームをつけてシェアできる写真加工&共有アプリです。写真共有のアプリといえばInstagramが思い浮かびますが、InstagramInstagramとはまた違う楽しみ方のできるEyeEmの使い方と魅力について紹介します。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 写真加工、シェア、アワードの機能もある
  • 観ているだけでも楽しい
  • 好みや関心の近い人の写真が観やすい

反対票

  • エフェクトの機能がさらに充実するとよい

とても良い
8

EyeEm -カメラ、フォトフィルター&写真コミュニティは撮った写真にフィルターやフレームをつけてシェアできる写真加工&共有アプリです。写真共有のアプリといえばInstagramが思い浮かびますが、InstagramInstagramとはまた違う楽しみ方のできるEyeEmの使い方と魅力について紹介します。

アプリを利用するには、Facebookのアカウントでログインするか、Eメールアドレス、パスワード設定などを行って会員登録を行います。自分の簡単なプロフィールを作成する必要があり、ユーザーネームやアプリ用のアカウントを作成します。また、興味のあるジャンルを3つ以上選んだら、プロフィールの完成です。

メイン画面の下の中央部分にカメラのアイコンがあるのでタップするとカメラモードになります。写真を撮ってアップしてもよいですし、すでにスマホ内に保存している写真を使いたい時は、カメラモードにして画面左側に出る画像のサムネイルをタップして投稿したい写真を選びます。写真を投稿する時にコメントやタグがつけられるのですが、タグを付けることによって、投稿後、同じタグを付けている画像が表示されるので、好みや関心の近い人をフォローしたり写真を閲覧できます。

このタグ付けの機能を生かしているのがEyeEmの特徴でもあり、メイン画面左下の「Discover」のアイコンをタップすると関心のあるジャンルに関連したタグの写真が表示されます。写真をアップするためだけでなく、「何となく好きな写真を観ていたい」という時、観る楽しさを味わえます。

またEye Emのもう1つの特徴は、メイン画面下のカメラアイコンの右にある「Missions」からテーマに沿った写真を投稿すると、テーマを出した会社やメディアからのアワードがもらえるという仕組みがあることです。たとえば、「あなたを平和にさせるものは?」というハフィントンポスト(アメリカ発インターネット新聞)からのテーマがあり、それに答える形で写真を投稿すると、あなたの1枚が選ばれてハフィントンポストに掲載される可能性もあります。

写真のエフェクトだけでなく、共有だけでもなく、アワードでより自分の写真を第三者に客観的に評価してもらう仕組みによってこれまでと違う写真アプリの楽しみ方ができそうです。ただ、エフェクトの部分に関してはそれほど機能が充実しているわけではないので、チルトシフトができたり、描画にできるなどもう少しエフェクトの機能が充実しているとよいと思いました。

EyeEmは写真を共有したりお題に沿った写真を投稿してアワードがもらえるなどさまざまな楽しみ方ができるアプリです。

Android版はこちらです。